中古車を購入するときの注意点について重要なのは?

走行距離だけではない!?

中古車の購入を考える際、まず気になる点としては走行距離が挙げられますよね。実際に色々な人に話を聞いてみても走行距離を気にする人が多くいます。走行距離といえば車がどれだけ摩耗しているか見るのによい指標ともいえます。ですが、中古車を購入する際に気をつける点としては走行距離だけでは足りないのです。中古車は新車とは異なり、車の状態について騙される可能性がゼロではありません。最新の注意を払って購入することが必要になります。

むしろ走行距離が短すぎると・・・

先ほど走行距離は車が摩耗しているかどうかの良い指標になると述べました。つまり走行距離が長いほど車が摩耗している可能性が高いという訳です。ですが走行距離が短すぎる車も危険ということはご存知でしょうか?なぜかというと定期的にエンジンのかかっていない車というのは劣化しやすいためです。エンジンが温まっていないうちに車を止めるような運転をしていると車に負担がかかってしまいます。基本的に車の年間走行距離の平均は1万kmといわれているのでこれよりも年数の割に少ない場合には気をつけるとよいでしょう。

走行より以外に見るべき項目は?

走行距離以外に見るべき点についてお話します。まず、挙げられるのはメンテナンスがしっかりと行われていたかどうかです。メンテナンスを怠っている車のなかには劣悪な環境下に置かれていたために部品の劣化が激しいものも含まれ、走行距離が短かったとしても避けた方がよいでしょう。次に年式やグレードです。年式やグレードにより車の性能というのは大きく異なってきます。最近ではハイブリッドカーも増えてきており、燃費性能が重視されてきています。新しいモデルほど燃費の良い車である可能性も高く、注意点として大事になってくるでしょう。

ボルボを仙台で購入したい時には、正規代理店の取り扱っている車種や走行性能、販売価格を確認することが大事です。

Comments are closed.