車検の痛い出費!費用を安く抑える方法とは

出来るだけ安く済ませたい「車検」

現代は車社会、何処へ行くにも車はとても便利ですが、なんといっても車検はお金がかかります。車検の費用は、できるだけ安く済ませたいですよね。車検は大体10万円~15万円ぐらいが相場と言われていますが、実際に見積もりを出してもらっても、どこにいくらの費用がかかっているのか、きちんと把握できている人は少ないものです。実は、無駄な出費で損をしている可能性があることをご存知ですか?車検費用を跳ね上げる要素をご紹介します!

車検費用が高いのはこれが原因だった!

車検費用を跳ね上げる要因、それは「追加整備代」です!「追加整備代」とは、不具合がみられる箇所の修理や部品の交換を行う項目で、車検を受ける車の状態によって金額が大きく変わってきます。なので、古い車に乗り続けている人や、日ごろのメンテナンスを怠っている人は、交換する部分や部品が多くなり、必然的に車検費用そのものが高くなってしまうのです。このような事態を避ける為には、オイル交換やバッテリーの整備、ワイパーの状態を確認するなど、こまめにメンテナンスを行うことで、一回一回の失費を少なくし、車検の時に金額を安く済ませることが出来るのです!

「追加整備」は本当に必要?ここをチェック!

「追加整備」を行うにあたり、本当にその部分の交換が必要なのか、きちんと把握しておくことが大切です。不必要な交換は避けて、断る勇気を持ち車検費用の出費を抑えていきましょう!特に気を付けたいポイントは3つです。まず、ワイパーの交換を断ること、これは何となく交換している人も多い箇所ですが、定価で見積もりを出されブレードごと交換されると3000円~5000円近くかかってしまいます。次に、バッテリーの交換を断ること、これは車検ビジネスで最も利益が取りやすい部分のため、積極的に勧められているケースが多いです。実際には必要のない場合もありますので、きちんと把握しておきましょう。最後に、フィルター系の交換を断ることです、エアコンフィルターならエアコンの風の臭いが気になりだしたら交換、ということも出来ますし、エアフィルターも、実はその車検の度に交換しなくてもいい場合がほとんどです。いかがでしたか、上手にポイントを抑えて、車検の費用を抑えましょう!

広島の車検の依頼内容は、それぞれの業者の基準に左右されますが、なるべくサービスの質の高さをチェックすることが重要です。

Comments are closed.