ヨガをすると体が柔らかくなる!?ヨガと柔軟性の関係

ヨガは柔軟性をあげてくれる

体が固いといいことないですよね。体が固いと全身の血液の流れが悪くなるので腰痛や肩こりを感じやすくなります。スポーツをする時にも体が柔らかい人よりケガをしやすくなってしまいます。体を柔らかくするためにストレッチをしようと思ってもなかなか続かないですよね。そこでおすすめなのがヨガです。ヨガは柔軟性を高めるだけでなく、ヨガをすることで心身をリラックスすることが出来ます。自分を見つめ直す時間にもなりますね。

ヨガと柔軟性の関係って?

ヨガと聞くとポーズを思い浮かべませんか?あのポーズこそ柔軟性を高めるポイントなのです。ヨガのポーズは普段なかなかしないですよね。普段使わない筋肉を使うことでその部分が刺激され、繰り返し行うことで柔軟性が高くなるんです。ヨガに使う筋肉はインナーマッスルと呼ばれるところでなかなかトレーニングしても鍛えられない部分です。なので、キレイな体のラインを作ることが出来ますよ。ヨガをすることで体のゆがみも正常になり、骨盤を矯正してくれる働きもありますよ。女性にとっては嬉しいことばかりですね。

ヨガをする時に注意すること

ヨガをするときに1番大切なことは無理をしないことです。ヨガのポーズは普段なかなかしない姿勢なので、体が固い人や初めてヨガをする人にはインストラクターの人のようなポーズが出来なくて当たり前です。リラックスが目的のヨガがストレスになっては意味がないですね。無理して同じようなポーズをしようとすると体に負担がかかりすぎて体を痛めてしまう原因にもなります。痛い、ではなく気持ちいいと思える姿勢でキープしておくだけで大丈夫です。繰り返しやることで柔軟性もつき徐々にポーズに近づくことが出来ますよ。

ホットヨガの川口の店舗を選ぶことで、初心者であっても、効率よく健康に対するモチベーションを高めることが可能です。

Comments are closed.